電子版『アプリケーションをつくる英語』

達人出版会刊行の『アプリケーションをつくる英語』の書籍サポートページです。各バージョンにおける修正箇所を一覧にしてあります。

バージョン0.9にあった修正項目は、バージョン1.0ですべて反映されています。


バージョン ページ 場所 修正前 修正後 内容 修正状況
0.9 ii 第2部「構文パターン」の直前。 例文と解説がある場合はこの下に続きます。 例文と解説がある場合はこの下に続きます。例文のないエントリもありますが、当該分野における特徴的な言葉であるため単語のみでも紹介しています。また例文の表記で、ボールドはボタンなどの UI ラベル(例:Click OK to continue.)、角かっこは検索などの入力欄(例:Starts with: [ ])を表します。例文にピリオドのあるものとないものがありますが、ボタンなどのラベル上ではピリオドなし、説明など完全な文ではピリオドありとするのが通常のスタイルです。 説明を追加。 1.0にて修正。
0.9 ii 中ほどの「上記の例では「動詞」と示された場所に動詞が入ります。」の直後。 - また、いずれの単語も使える場合はスラッシュ(/)で区切って記載しています。 説明を追加。 1.0にて修正。
0.9 4 「右クリックする」の例文。 右クリックし、「戻る」を選択します。 ページを右クリックし、「戻る」を選択します。 英文に合わせて「ページを」を追加。 1.0にて修正。
0.9 17 「強制~する」の解説。 quit、stop、close、update などがよく見られます。 よく使われる動詞には、quit、stop、close、update などがあります。 説明を補足。 1.0にて修正。
0.9 38 「~しない2」の解説。 Never のみで「いいえ」あるいは「今後しない」という意味になります。 Never のみで「いいえ」あるいは「今後しない」という意味のボタン ラベルに使えます。 説明を補足。 1.0にて修正。
0.9 43 「ダイアルする、発信する」の解説。 他動詞の場合、ダイアル先の人が目的語になります。 ダイアル先の番号や人が目的語になります。 説明を補足。 1.0にて修正。
0.9 69 「修正する」の例文。 間違い入力された単語を自動修正 誤入力された単語を自動修正 日本語を修正。 1.0にて修正。
0.9 72 「元に戻す2」の例文。 30 秒後に元に戻ります 30 秒後に元に戻ります。 句点を追加。 1.0にて修正。
0.9 74 「合わせる、収める」の解説。 「何かが(自ら)合う」場合は自動詞、「何かを合わせる」場合は他動詞として扱います。 - 説明が該当しないケースがあるため削除。 1.0にて修正。
0.9 78 「追加する2」の例文。 Append text to message Append signature to message 例文をより適したものに変更。 1.0にて修正。
0.9 173 「背面」の例文。 背面に移動 最背面へ移動 例文をより適したものに変更。 1.0にて修正。
0.9 191 「追加日時」の解説。 on は「日」に使用する前置詞のため、「追加日」です。 例文の on は「日」に使用する前置詞のため、「追加日」の意味になります。 説明を補足。 1.0にて修正。
0.9 236 「英数字」の解説。 辞書を見ると、アルファベット(小文字と大文字のa ~ z)と数字のみだという説明と、これに記号も入るとする辞書もあります。 基本的にはアルファベット(小文字と大文字のa ~ z)と数字(0 ~ 9)ですが、これに記号も入るとする辞書もあります。 説明を補足。 1.0にて修正。
0.9 241 「バックスラッシュ」の解説。 「\」のこと。 「﹨」のこと。 半角のバックスラッシュに変更。 1.0にて修正。
0.9 244 「波かっこ、中かっこ」の英単語。 brace curly bracket、brace 英語を追加。 1.0にて修正。
0.9 278 「問い合わせる」の例文。 Contact お問い合わせ - 例文が名詞なので削除。 1.0にて修正。
0.9 311 「着信2」のエントリ全体。 着信2 in call (-) - あまり使われない表現のため削除。 1.0にて修正。
0.9 321 「ウェブサイト」の解説の末尾。 - 英語ニュースを見ると、以前は「web site」と2語で記述する例が多かったのですが、2011年現在では「website」と一語で表記する例が多くなっています。 説明を追加。 1.0にて修正。
0.9 339 「上付き」の品詞。 形、名可 説明を追加。 1.0にて修正。
0.9 339 「下付き」の品詞。 形、名可 説明を追加。 1.0にて修正。
0.9 345 「スナップする」の解説。 ぴたっとくっつくという意味です。 近寄ったときに急にぴたっとくっつく動きです。 説明を補足。 1.0にて修正。
0.9 425 「暗号化解除する、復号する」の例文。 Decryption failed. 暗号化解除に失敗しました。 Unable to decrypt the file. ファイルの暗号化解除ができません。 例文をより適したものに変更。 1.0にて修正。
0.9 437 「~は【動詞ing】することで【動詞】できます」の解説。 「~を使って」という場合、例文の「by 動詞ing」という形がよく用いられます。 「~を使って」という場合も、例文の「by 動詞ing」という形がよく用いられます。 説明を補足。 1.0にて修正。
0.9 438 「~は【動詞ing】することで【過去分詞】できます」の例文。 Open Open UIなのでボールドで表現。 1.0にて修正。
0.9 442 「~は【動詞】できません1」の例文。 データを保存できません データを保存できません。 句点を追加。 1.0にて修正。
0.9 463 「【形容詞】です」の解説。 通常の文でも、暗に現在を示すこともできます。 現在進行形(-ing)を使わない通常の文でも、暗に現在を示すこともできます。 説明を補足。 1.0にて修正。
0.9 468 「~は【動詞】しようとしています2」の例文。 Attempting to connect the server... Attempting to connect to the server... 例文をより適したものに変更。 1.0にて修正。
0.9 477 「【動詞ing】しています」の例文。 応答していません。 応答していません 句点を削除。 1.0にて修正。
0.9 497 「ありません、見つかりませんでした」の例文。 Could not find user information. ユーザー情報が見つかりません。 - 例文がエントリと合っていないので削除。 1.0にて修正。
0.9 507 品詞の修飾関係を示す図2つ。 - - 見やすくなるよう被修飾語に下線を追加。 1.0にて修正。
0.9 508 表の「ワイルドカード(0 単語以上)」行の例。 information * technology "information * technology" 二重引用符を追加。 1.0にて修正。
0.9 510 英英辞典の列挙部分。 - ・Collins Dictionaries http://www.collinsdictionary.com/ 英英辞典の例を1つ追加。 1.0にて修正。
0.9 510 図34.3の記述。 http://oaadonline.oxfordlearnersdictionaries.com/
dictionary/connect より引用
(http://oaadonline.oxfordlearnersdictionaries.com/
dictionary/connect より引用)
丸かっこを追加。 1.0にて修正。
0.9 516 二段落目。 本項 本章 3か所で「本項」を「本章」に変更。 1.0にて修正。
0.9 521 中段の「センテンス スタイル」とはの直前。 基本的なルールの適用例は次の通りです。 - 不要な一文なので削除。 1.0にて修正。
0.9 524 「コロン(:)」の項目内。 例えば下図のようなドロップダウンリストの外側のラベル(HTML editor、E-mail)です。アクセシビリティ機能で、リストが次に続いているという目印としてコロンを使うことがあります(IE のオプション画面図35.2) 例えば図 35.2 のようなドロップダウンリストの外側のラベル(HTML editor、E-mail)です。アクセシビリティ機能で、リストが次に続いているという目印としてコロンを使うことがあります。 「下図」を「図 35.2」に修正し、末尾のかっこ内説明を削除。 1.0にて修正。
0.9 524 図35.2の記述。 IE のオプション画面 (IE のオプション画面) 丸かっこを追加。 1.0にて修正。
0.9 531 「Windows ユーザー エクスペリエンス ガイドライン」の説明。 日本語公式版のあるガイドは少ないので貴重な資料となるはずです。 - iOSの日本語ガイドも存在するので削除。 1.0にて修正。
0.9 531 「iOS Human Interface Guideline(英語)」項目の下。 - ・iOS ヒューマンインターフェイスガイドライン https://developer.apple.com/jp/devcenter/
ios/library/documentation/MobileHIG.pdf
上記 iOS 用ガイドの日本語版です。
ガイドラインの例を1つを追加。 1.0にて修正。
0.9 540 「個人翻訳者の見つけ方」の2段落目最後の一文。 myGengo Gengo 社名が変わったので修正。 1.0にて修正。
0.9 554 「辞書」の項目。 『ビジネス技術実用英語大辞典 第3 版』海野文男+海野和子・編(日外アソシエーツ) 『EB ビジネス/技術 実用英語大辞典 第3版 英和・和英/用例・文例』海野文男+海野和子・編(日外アソシエーツ、2000年)※CD-ROM 発行年などを追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「辞書」の項目。 『研究社 英語の数量表現辞典』研究社辞書編集部・編、トム・ガリー・監修(研究社) 『研究社 英語の数量表現辞典』研究社辞書編集部・編、トム・ガリー・監修(研究社、2007年) 発行年を追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「英文法」の項目。 『英文法 ビフォー&アフター <普及版>』豊永彰・著(南雲堂) 『英文法 ビフォー&アフター <普及版>』豊永彰・著(南雲堂、2009年) 発行年を追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「英文法」の項目。 『カーディナル 新 高校英語』正保富三・監修、首藤信一・著(美誠社) 『カーディナル 新 高校英語』正保富三・監修、首藤信一・著(美誠社、1992年) 発行年を追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「英文法」の項目。 『魔法の英文法』成重寿、入江泉・著(J リサーチ出版) 『魔法の英文法』成重寿、入江泉・著(J リサーチ出版、2010年) 発行年を追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「英文法」の項目。 『偏差値30からの英文法完全制覇[基礎体力編]』泉忠司・著(青春出版社) 『偏差値30からの英文法完全制覇[基礎体力編]』泉忠司・著(青春出版社、2011年) 発行年を追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「技術英語」の項目。 『例文詳解 技術英語の冠詞活用入門』原田豊太郎・著(日刊工業新聞社) 『例文詳解 技術英語の冠詞活用入門』原田豊太郎・著(日刊工業新聞社、2000年) 発行年を追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「技術英語」の項目。 『理系のための英語「キー構文」46 英語論文執筆の近道』原田豊太郎・著(講談社) 『理系のための英語「キー構文」46 英語論文執筆の近道』原田豊太郎・著(講談社、2009年) 発行年を追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「技術英語」の項目。 『科学技術英語 動詞はこう使え!』鵜沼仁・著(丸善) 『科学技術英語 動詞はこう使え!』鵜沼仁・著(丸善、2006年) 発行年を追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「技術英語」の項目。 『マスターしておきたい 技術英語の基本』Richard Cowell、余錦華・著(コロナ社) 『マスターしておきたい 技術英語の基本』Richard Cowell、余錦華・著(コロナ社、2006年) 発行年を追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「技術英語」の項目。 『コンピュータ英語動詞使い分け辞典』ジョン・W・マッキン・監修、富士通教育事業部情報出版
部・編(工業調査会)
『コンピュータ英語動詞使い分け辞典』ジョン・W・マッキン・監修、富士通教育事業部情報出版
部・編(工業調査会、1994年)
発行年を追加。 1.0にて修正。
0.9 554 「技術英語」の項目。 『The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global
Market』John R. Kohl・著(SAS Publishing、2008 年)
- 「スタイルガイド」の項目の末尾に移動。 1.0にて修正。